占い師になるには?

電話占いリノアを始め、占い師を募集しているところは数多くあります。

では、そもそも占い師とはどうやったらなれるものなのでしょうか。

占い師の定義

「占い師の仕事に興味はあるけど、霊感とか特別な能力があるわけでもないし、特別な家系で育ったわけでもないただの一般人でも出来るのかな…?」
占い師の仕事に興味を持った人の中には、こんな風に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

占い師というと、霊感などの特別な力を持っていたり、お寺や占い師一家で生まれ育った人、特別な修行を積んだ人がなるイメージを持っているかもしれません。
しかし、実は占い師というのは誰でもなれるものなのです。占い師になるために「必ずこれをしなければならない」「こんな能力が必要」「この資格を取得する」といった条件はありません。資格も届出も必要なく、それこそ、「私は占い師です」と名乗ってしまえば、例え特別な力がなかったとしても、占い師になれてしまうのです。

しかし、「私は占い師です」と名乗ったところで、実際に占いができなければ占い師としての活躍は難しいでしょう。占いをしてほしくて占い師のもとへ行ったのに、「占いはできません」なんて言われたらお客様も落胆してしまいますよね。

占い師として身につけておきたいこと

占い師として活動するなら、少なくとも何かひとつは占術が使えるようになっておきましょう。
占い師といえば霊感などの特別な能力をイメージするかもしれませんが、この場合特別な能力を身につける必要はありません。西洋占星術やタロットカードなど、自分が興味を持って覚えられる占術を一つずつ、しっかりと身につけましょう。
もちろん、複数の占術が使えるに越したことはありません。いわゆる命術、卜術をそれぞれ習得しておけば、幅広い悩みに対応できるでしょう。

また、話す力・聞く力を身につけておくことで、より信頼性の高い占い師になれます。
どんなに占術を上手く扱えても、その結果を正しく伝えられなければいけませんし、お客様の話をしっかりと聞く力も求められます。
占術を学ぶ傍ら、どうやったら上手く結果を伝えられる力、相手が何を伝えたいのか理解できる力を身につけられるとよりお客様の求める占い師になれるでしょう。

ゴールのない占い師

占い師という仕事にゴールはありません。どんなに活躍している占い師でも毎日勉強の日々だといいます。
「占術をひとつ身につけた」「上手く相手に結果を伝えられた」というところで満足するのではなく、よりお客様に満足してもらえるように、日々の向上心が一番占い師に必要なものなのかもしれません。